住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

カーポートにも固定資産税

カーポートにも固定資産税がかかります。でも、驚かないでください。全てのカーポートにかかるわけではありません。地面に固定されて、屋根と三方以上を壁で囲まれている車庫としてのカーポートは家屋の定義に当てはまりますが、通常のカーポートは屋根しかないので、対象外です。3方以上ですから戸がなくても車庫とみなされ固定資産税の対象になります。しかし、通常はそのようなものはカーポートとは呼ばないのに、なぜかカーポートも固定資産税がかかるという都市伝説が流れています。

 

ただ、カーポートに全く固定資産税がかからないかと言えばそうではありません。屋根と柱があるので、カーポートも一応建築物とみなされます。なので、敷地に余裕がなくて住宅の部分が建ぺい率ぎりぎりに建てた場合はひっかかってきます。カーポートの部分があることで建ぺい率を超えてしまうと、固定資産税が加算されます。このようにカーポートをつけることで固定資産税が加算される場合もありますが、カーポートに対してかかるわけではありません。

 

しかし、固定資産税がもったいないからと、後からカーポートを付けると、違法建築とみなされます。厳密にいえば建築基準法に違反になるのですが、大手ホームセンターでもかなりやっている手法だそうです。しかし、カーポートを後からつけるとなると、工賃は余計にかかりますから土間コン打ちと同時にカーポートも施行したほうが良いようです。建ぺい率を超えてしまうかどうか、住宅メーカーに良く聞いておくことをお勧めします。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市