住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

縦長タイプの3台以上

交通機関の発達していない地方などでは、一家に車が3台あることも珍しくありません。そして、カーポートを家の敷地の関係で縦に3台並べなくてはならないことも出てきます。出し入れにほんとうに不便な思いをすることになるのでしょうが、ここは仕方がありません。面倒でも3台縦に並べたカーポートとなります。

 

しかし、縦長タイプ3台以上というカーポートを作る場合、必ずしも車が3台というわけではなく、そのなかに自転車やバイク、あるいは電動自転車を置くケースが多いようです。自転車もそうですが、バイクや電動自転車はどうしてもカバーが必要になります。しかし、カーポートの中に入れればその必要がなくなります。ちなみに一般家庭用のカーポートの車を入れられる台数は、4台までのものが売られているそうです。

 

気になるカーポートの耐用年数ですが、材質や置かれている状況によって一概には言えませんし、本人の価値観で大きく違ってきます。屋根として原型があればそれで良しとする人と、ある程度綺麗ではないと満足しない人もいます。ある程度綺麗で満足という状態を耐用年数とすると10年と言われています。

 

カーポートを長もちさせるのにはある程度メンテナンスも必要です。ペンキを塗り替えるとか、屋根の上の掃除などをします。しかし、材質によっては屋根の上に昇って掃除をすることもできません。3台以上のカーポートとなると棒の先にモップを付けて掃除をするのも無理のようです。

 

そのため、メンテナンスが楽なように、鉄工所と屋根板金屋さんに依頼してつくると、価格も想像以上に安いそうです。ただ、デザイン的な面では満足できるかどうかは個人差があります。景観を考えれば素敵な家に武骨な鉄骨ではガッカリしてしまうでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市