住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

横長タイプの3台以上

カーポートも車を3台も入れるとなると、かなり大きなものになってきます。2台入れるカーポートよりもさらに玄関にかかる率も高くなってくると思います。広い面積の場合は同じ屋根の色で重苦しくなりがちです。やはり、明るく感じさせるには屋根の材料はすりガラス調のクリアマットがおススメです。

 

しかし、素敵なお家に豪華な車が3台ならんだカーポートは、見事な景観だと思います。アメリカでは、カーポートをつけるのはステータスと言われているようですが3台並んだカーポートは、まさしくステータスです!

 

3台入るカーポートとなると、お値段もかなり上がり40万以上する物が多くなります。もちろんグレードによって差が出てきます。それと同時に3台ともなると、建ぺい率に引っかかる割合も多くなります。それと同時に玄関前にカーポートが来る可能性が高くなりますから、デザインや屋根の色を工夫して圧迫感を感じないものにします。

 

3台ともなると様々なことが生じがちですが、カーポートがあると雨の日でも玄関をでても濡れずに済むというのはありがたいです。買い物をしてきても困りませんし、カーポートを付けて良かったとつくづく思う瞬間です。実用的な物を取るか、見た目を取るかで判断するわけですが、私だったら絶対実用的な方を取ります。

 

気を付けなければいけないのは、依頼した住宅メーカーが杜撰な住宅メーカーで、3台分とお願いしてあったのに、設計ミスで3台入らないカーポートの状態になってしまったという事例があることです。希望しておいたとおりに出来上がらないなんて切ないですよね。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市