住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

縦長タイプの2台用

車の出し入れの事を考えると、2台並んだ横長2台タイプが理想なのですが、敷地の関係で、縦長タイプの2台にしなければならない時もあります。

 

2台ともなると、玄関前にかかってしまうこともあるようです。そのことで住宅メーカーさんとトラぶったお宅がありました。うっかり1台のつもりで設計をしてしまったようですが、建ぺい率も違ってきて、固定資産税にも差が出てきます。

 

話し合いの結果、玄関が暗くならないように、屋根の材料にすりガラス調のクリアマットにしたそうです。ブルースモークなどの屋根材と違い、威圧感もなく、日当たりも気になりません。晴れた日などはカーポートの下から空を見上げると青空が見えるという、とても気持ちのいいカーポートになり、満足しているようです。

 

屋根材もたくさんの種類があるようです。後になって後悔しないように業者さんとよく打ち合わせるとか、カーポートの通販などを検索して、どんな屋根材があるかよく調べておくことをお勧めします。

 

2台の広さになったときのカーポートの建ぺい率ですが、2台ともなるとかなり増えて、たとえ3方向が囲われていないので、ガレージとはならなくても、建ぺい率にひっかかり、固定資産税の対象になるときもあるようです。そのため、家の引き渡しが済んで、税務署の調査が終わってからカーポートを作る人もいます。しかし、多くは税務署でもおおめに見て見過ごしてくれるようですが、違法建築には変わりがありません。その辺の事も承知しておいてください。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市